スポンサーサイト

--.--.-- --:--|スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

息子の気遣い

2015.07.03 09:53|家族通信
家族で車に乗っていたときのこと。
妻が子供達に、「大きくなったら何になりたい?」って訊ねると・・・。

娘(6歳):「料理を作る人。」(少し前はケーキ屋さんだったが朝ドラで其の道が険しいことを感じたのかも。)

息子(3歳):「僕はね-。   お父さんみたいになりたい!」

妻:「・・・・・・・・。」

父:「大起、お父さんってどういうこと?」

息子:「んーーーーー。でもお父さんみたいになりたい。」

うれしさよりも切なさを感じてしまった父でした。
スポンサーサイト

市議会議員選挙

2015.03.21 06:58|生活
今年は市議会議員選挙行われる年。
最近、にわかに候補者が選挙に向けて動き始めた。
今年はこれまでの議席から3議席削減される。その為か、焦りを感じる議員もいるようで、平生は会話もしたことも無い議員さんのパンフレットを人づてに貰う事がある。

これってなんか違うと思うんですよ。

常識的に考えて、日頃、話をすることもないのに、選挙時だけ「お願いします。助けて上げてください。」と言われても、さっぱり意味がわかりません。パンフレットを預かってきた方の心中も分からない事もありません。
おそらくきっと色んなしがらみやお付き合いがあるのでしょう。

以前、震災瓦礫受け入れの是非を巡って、受け入れ拒否の姿勢で様々な行動をとり輪島市と向き合ってきた自分ですが、その時に市政、議員の大体の事がわかりました。
殆どの市議会議員は市民の代表にあらず。
自分の疑問や提言に耳を傾けた議員は数名でした。

全ての議員がそうだとは言いませんが、議員がサラリーマン化しているのではないでしょうか。会社は「市」。
会社との契約更新日が迫ると焦る、契約社員のそれと重ねって見えるのは自分だけでしょうか。

議員になったからにはちゃんと自らの思想、構想を常に市民に対し、様々な手段を講じ発信なくてはならないはずです。
それに当てはまる方は、果たして現議員のうち、何人いるのでしょう。

皆さんの一票、とても重要な一票です。
しっかりと候補者と向き合って選びたいですね。

FC2ブログにもようやく連携機能がついたようです。

2015.02.09 09:23|仕事
Facebook、ホームページ、ブログとSNSに付随するサービスがありますが、これらをそれぞれに更新していくとなるとかなり時間的にも気持ち的にも負担になってしまいます。
そして、それらは、それぞれに違った役割があると自分は考えています。

たとえば、仕事に関する情報は個人アカウントではなく、仕事用のFacebookページでアップし、ホームページにトップ頁にFacebookの「LikePage」を表示させるようにしてあります。
こうしておけば、HPの更新とは別にFacebookページでアップした仕事に関する情報はリアルタイムでHPの方でも確認出来ます。

ホームページの方の役割は、固定した情報を伝えるのに役立ちます。
たとえば、素材別な蒔絵の画像や蒔絵材料の仕入れ先、金粉の金額など、見たいときに必要な情報を見つけ出すことが出来ます。

そして、ブログの方は、まさしく日記帳的に使いFacebook個人アカウントと連携しておくとFacebookにも反映されるので便利です。
exciteや他のブログサイトでは既に連携できるようになっていましたがFC2はこれまで付いていなかったのです。
久しぶりに管理画面を見たらようやく出来るようになっていました。
暫く利用していなかったブログですが、カテゴリー別にアップ記事を分類できるのでこれからはこちらも利用する機会が増えそうです。

メロン

2014.05.07 23:03|家族通信
父から引き出物のメロンを貰った。
食いしん坊の息子(大起2歳)は直ぐに食べたくてしょうが無かったようで、「ママ、だいちゃんメロン食べたい!」言った。

妻「大ちゃん、メロンはおしりがもっと柔らかくならないと美味しくないんだよ。」と息子に言い聞かせた。

それを聞いて、大起は自分で自分のおしりをもみもみ。

「ママ、だいちゃんのおしり柔らかくなったからメロン食べよ!」

なんともほのぼのとした会話でした。
(ーー;)

老化? ストレス?

2014.04.25 10:25|生活
ここ一ヶ月程、体調が良くない。
ちょっとぎっくり腰をしてからと言う物、腰、肩に違和感があった。
ある晩、息苦しさで目が覚めた。
この気持ちの悪い不安な感じは以前にもあった。
そう、ちょうどマイコプラズマ肺炎にかかったとき。

背中の悪寒。息苦しさ、言いようのない違和感と共に手が震えだした。
なんとか治まるの待ったが不安で眠ることもできなかった。

その様子を察して妻が起きて体をさすったりしてくれたがどうにも治まらなかった。
結局、気をそらせるために弾けもしないピアノの前に座り繰り返し曲を練習しそのまま朝を迎えた。

今は少し良くなったが、左肩の痛みがとれず、なかなか仕事にも集中できない日が続いた。

一体、自分の体に何が起きているのだろうか。
| 2017.09 |
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
訪問者数

最新記事

プロフィール

makieshimasa

Author:makieshimasa
輪島の蒔絵師です。
ただいま育メンまっただ中です。

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

ページトップへ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。